誰でもできる副業・投資情報

これだけ!FXチャート分析 三種の神器

【再現性が高く分かりやすい!】たった1秒!2つの色を見分けるだけで初心者でも年収5000万円を目指せる!「1秒スキャルFX」

【初心者でも勝てる5分スキャル】億スキャFX ~絶対公式 TAKAHASHIメソッド~

【複数チャート同期可能】ワンクリックFXトレーニングMAX/ 裁量トレードの練習用EA。いつでも練習することが可能!


これだけ!FXチャート分析 三種の神器
価格:1,540 円
[この電子書籍は固定型レイアウトです。リフロー型と異なりビューア機能が制限されます]固定型レイアウトはページを画像化した構造であるため、ページの拡大縮小を除く機能は利用できません。また、モノクロ表示の端末ではカラーページ部分で一部見づらい場合があります。 **プロが極めたチャート分析の技を大公開! 大成功している個人投資家が使っているテクニカル指標とは? ** 本書ではテクニカル分析として広く利用されている“三種の神器”「移動平均線」「MACD」「一目均衡表」について解説します。この3つのテクニカルは、著者の佐藤氏がフランスの銀行でチーフディーラーを務めていたとき、実際のトレードに頻繁に利用していた指標でもあります。 テクニカル指標にはボリンジャーバンドやRSI、RCIといったオシレーター系指標など、様々ありますが、指標の数を増やしたからといって勝てるわけではありません。1つだけ、というのも判断に偏りが出るため、2つ、3つ程度の指標を使いこなせれば、十分、FXで好成績を収めることができます。 数千万円以上の利益を出しているFXトレーダーにトレード手法について聞くと、一目均衡表で流れを読みながら、MACDとその移動平均線であるシグナルのゴールデンクロス、デッドクロスで売買している人がとても多いことがわかりました。 最近のFX市場ではAIを使った高速自動売買が増え、多くのAIがテクニカル分析主体で運用されています。そのため、「よりテクニカル分析が効きやすい」相場展開になっています。 AIはともかく、テクニカル指標を使って相場の大局や全体像を把握し、様々な売買シグナルを参考に実際のトレードを行うのは、プロも個人投資家もまったく変わりありません。本書で紹介する三種の神器を自分なりにマスターすれば、ある意味、怖いものなしです。

著者名: 佐藤正和
出版社名: クロスメディア・パブリッシング(インプレス)
発売日: 2020年11月30日
(件)


【1分足のスキャルピングトレード】初心者でも基礎から学べる分かりやすいFX-Katsuの「超秒速スキャルFX」



記事一覧






  ビジネス・経済・就職 (本・雑誌・コミック) ランキング

1
1,650円
2
1,870円
3
1,870円
4
1,760円
5
1,540円
6
1,980円
7
2,420円
8
1,760円
9
1,650円
10
2,200円
11
2,200円
12
1,628円
13
1,870円
14
1,430円
15
4,180円
16
1,980円
17
1,650円
18
1,430円
19
1,980円
20
2,420円